ワイキキビーチの悪評で他のビーチが混雑

[最終更新日:2006年04月15日]

※この記事は公開されてから1年以上が経過しています。最新のニュースをご覧ください。

3月の大雨、下水の決壊、そして海への流入によってバクテリアレベルが上昇したため危険と言われているワイキキビーチにはまだ観光客の姿が戻ってきていないようだ。

州政府は既に危険を知らせる看板をワイキキビーチから撤去しており、バクテリアレベルも通常に戻っていると言われているが、地元住民やホテル関係者などは観光客へまだ入らない方がいいだろうと忠告している。

このワイキキビーチの悪評により、島の東側のビーチではワイキキを避けた観光客が多く集まって来てるという。スノーケリングで人気のハナウマ・ベイでは駐車場が満車になるほど。

波が高く、水遊びには適さないとも言われるサンディー・ビーチにも多くの観光客やローカルがきれいな水を求めて駆けつけているようだ。

ワイキキ・ビーチが元通り、観光客で溢れる状態になるには、まだまだ時間がかかりそう。

タグ: , , | 2006年4月15日

twitterこの記事をツイートする

1/18更新:2021年GW・夏休みはハワイ旅行に行ける?海外旅行はいつ本格再開?

ページの先頭へ