日産が電気自動車「リーフ」をハワイでも2011年1月から発売

[最終更新日:2010年07月28日]

※この記事は公開されてから1年以上が経過しています。最新のニュースをご覧ください。

日産自動車は日本でも予約受付中のEV(電気自動車)「リーフ」をハワイでも2011年1月に発売を開始する。日産では米国での販売について2010年12月にカリフォルニア、ワシントン、オレゴン、アリゾナ、テネシーの5州で発売を始め、2011年以降はハワイを含む全米に販売網を広げるとしている。

リーフはハイブリッドではない100%電気自動車で、排出ガスが全くない「ゼロ・エミッション」を実現。ガソリン給油やエンジンオイル交換の必要性がない新しいタイプの自動車として期待されている。

一方で懸念されている充電満タン時の走行可能距離は、現状では160km以上としているが,実際には条件によって200km以上は走れるとも言われているだけに、走行距離が限られるハワイの島々はEVでも問題なく走れそうだ。

例えばオアフ島でワイキキからノースショアのハレイワまではおよそ55km。仮にレンタカーとして貸し出された場合、3泊5日程度の観光であれば途中の充電が必要ない可能性も。

ハワイではピックアップやSUVを中心に日産と同社の高級ブランドであるインフィニティの人気が高いだけに、EV専用車となるリーフも話題となりそうだ。

参考:Nissan will back electric Leaf’s battery for eight years – Drive On: A conversation about the cars and trucks we drive – USATODAY.com

タグ: , | 2010年7月28日

twitterこの記事をツイートする

1/18更新:2021年GW・夏休みはハワイ旅行に行ける?海外旅行はいつ本格再開?

ページの先頭へ