ハワイの国立公園も入園無料、2012年4月21日~29日

[最終更新日:2012年04月24日]

※この記事は公開されてから1年以上が経過しています。最新のニュースをご覧ください。

Hawaii Volcanoes National Park

アメリカ国内には数多くの国立公園があるが、ハワイ州にもキラウエア火山で有名なハワイ島のハワイ火山国立公園をはじめ、大自然や歴史に触れることができる魅力的な国立公園が存在する。

国立公園を管轄するアメリカ合衆国国立公園局(National Park Service)では、毎年数回、入園を無料とする期間を設定しており、4月下旬は「ナショナル・パーク・ウイーク」として、約1週間を無料で開放している。

ハワイ島のハワイ火山国立公園では、通常は大人1人につき5ドル、車で入園する場合は1台につき10ドルで、いずれも7日間有効。

マウイ島のハレアカラ国立公園では、通常は大人5ドル、車の場合は1台につき10ドルで、いずれも3日間有効。

ハワイ島のプウホヌア・オ・ホナウナウ国立歴史公園では、通常は大人3ドル、車の場合は1台につき5ドルで、いずれも7日間有効となっている。

ハワイ州には合わせて国立公園を含む8つのNPS指定地域があり、ハワイ島に5箇所、オアフ島、マウイ島、モロカイ島にそれぞれ1箇所が指定されているが、上記の3公園以外は通年無料で訪れることができる。

各地の国立公園では「ナショナル・パーク・ウイーク」の期間中、様々なイベントを開催しているので、期間中に滞在しているなら、ぜひ国立公園にも足を運んでみては。

タグ: | 2012年4月24日

twitterこの記事をツイートする

ページの先頭へ