外務省、アメリカなど49カ国・地域を感染症危険情報レベル3(渡航禁止勧告)に引き上げ

[最終更新日:2020年03月31日]

※この記事は公開されてから1年以上が経過しています。最新のニュースをご覧ください。

成田空港
成田空港

日本の外務省は2020年3月31日(火)、新型コロナウイルスの世界的な感染拡大に伴い、新たに49カ国・地域を対象に感染症危険情報をレベル3「渡航は止めてください。(渡航中止勧告)」に引き上げた。

渡航中止勧告が発出されたのは、アジアでは、インドネシア、韓国全土、シンガポール、タイ、台湾、中国全土、フィリピン、ブルネイ、ベトナム、マレーシアの10カ国・地域。

北米では、カナダ、米国の2カ国。米国全土が対象となるため、ハワイ州もレベル3「渡航は止めてください。(渡航中止勧告)」となる。

オセアニア(大洋州)では、オーストラリア、ニュージーランドの2カ国。

中南米では、エクアドル、ドミニカ国、チリ、パナマ、ブラジル、ボリビアの6カ国。

ヨーロッパ(欧州)では、アルバニア、アルメニア、英国、北マケドニア、キプロス、ギリシャ、クロアチア、コソボ、スロバキア、セルビア、チェコ、ハンガリー、フィンランド、ブルガリア、ポーランド、ボスニア・ヘルツェゴビナ、モルドバ、モンテネグロ、ラトビア、リトアニア、ルーマニアの21カ国。

中東では、イスラエル、エジプト、トルコ、バーレーンの4カ国。

アフリカでは、コートジボワール、コンゴ民主共和国、モーリシャス、モロッコの4カ国。

その他の感染症危険情報レベル1だった国・地域は、レベル2「不要不急の渡航は止めてください」に引き上げた。中東のカタールはレベル2のまま継続。

日本からハワイへの渡航は、これまで日本側では、米国全土に「レベル2:不要不急の渡航は止めてください」としていた。またハワイ州側では、3月26日から旅行者と州に戻る住民に14日間の自己隔離を義務付けている。

外務省:全世界に対する感染症危険情報の発出(レベルの引き上げ又は維持)

» 【随時更新】ハワイの新型コロナウイルス情報まとめ、臨時休業や営業時間短縮リスト

タグ: | 2020年3月31日

twitterこの記事をツイートする

1/18更新:2021年GW・夏休みはハワイ旅行に行ける?海外旅行はいつ本格再開?

ページの先頭へ