モアナ別館のリニューアル計画が明らかに

[最終更新日:2008年09月01日]

※この記事は公開されてから1年以上が経過しています。最新のニュースをご覧ください。

モアナ・サーフライダーはワイキキに連なるホテル群のなかでも特に存在感があるが、オーナーの Kyo-ya Hotels and Resorts は、モアナの別館であるダイアモンドヘッド側の建物を建て直す計画があることが明らかになってきた。

現在の8階建て140部屋ある建物を取り壊し、23階建て200部屋の新しい建物を建設する計画で、実現すればワイキキでは約30年ぶりに新しく建設されるホテルとなる。

計画では歴史的なモアナ本館との間には若干のスペースが空く予定で、カラカウア通りからビーチを見ることが可能になるという。

最上階付近には住居用としてのコンドミニアム、建物内には新しいレストランも計画されている。

Kyo-ya Hotels and Resorts が同じくオーナーとなっているロイヤル・ハワイアンやシェラトン・ワイキキでは大規模な改修工事が進んでいるが、シェラトン・カイウラニの解体、建て直しも提案しているという。

参考記事:Kyo-ya plan to reshape heart of Waikiki – Pacific Business News (Honolulu):

かいそう

タグ: , , | 2008年9月1日

twitterこの記事をツイートする

1/18更新:2021年GW・夏休みはハワイ旅行に行ける?海外旅行はいつ本格再開?

ページの先頭へ