go!モクレレのメサ・エア・グループ、ハワイ諸島間のプロペラ路線を売却

[最終更新日:2011年11月17日]

※この記事は公開されてから1年以上が経過しています。最新のニュースをご覧ください。

go!モクレレのブランド名で、ハワイ諸島間の国内線(インターアイランド)を運航しているメサ・エア・グループは、モクレレ航空のプロペラ機によって運航されている路線について、アリゾナを拠点とするトランスペック・アビエーション(Transpac Aviation Inc)に売却したことを明らかにした。

9人乗りプロペラ機のセスナ208グランドキャラバンによって運航されている路線は、ホノルル-ラナイ島、ホノルル-モロカイ島、マウイ島カフルイ-モロカイ島、カフルイ-ハワイ島コナの各路線。

メサ・エア・グループによると、今後もプロペラ路線については、コードシェア便としてgo!Mokuleleブランドで運航を継続するとしている。

関連記事:Mesa Air Group sells Hawaii turboprop service – Pacific Business News

タグ: | 2011年11月17日

twitterこの記事をツイートする

ページの先頭へ