ワイキキビーチもいよいよ禁煙に

[最終更新日:2009年02月06日]

※この記事は公開されてから1年以上が経過しています。最新のニュースをご覧ください。

2006年にハワイで禁煙に関する法律がはじまって以来、日本でも禁煙エリアや喫煙所に関する話題が盛り上がったが、遂にワイキキビーチも禁煙の対象とする法案が表立ってきた。

これまでのハワイ州の法律ではビーチは禁煙エリアの対象外としていたが、ハワイ島では独自にビーチパークを禁煙とする法案が成立しており、ワイキキビーチも全面禁煙とする動きは次第に高まっていた。

下院、上院で法案が可決され、法案が成立すれば、すぐにワイキキビーチは禁煙となる可能性があるが、禁煙とするのはビーチの波打ち際から私有地との境界線までとなる。

審議されている法案はワイキキビーチに限っているが、今後もビーチ禁煙の動きが広っていくものと考えられる。ハワイでは全ての住民、観光客に海岸線へのアクセスが認められている為、仮にビーチ全面禁煙とした場合には、俗にプライベートビーチと呼ばれている場所でも禁煙となる可能性もある。

関連記事:Lawmakers Consider Wakiki Beach Smoking Ban – KITV-TV- msnbc.com

タグ: , | 2009年2月6日

twitterこの記事をツイートする

1/18更新:2021年GW・夏休みはハワイ旅行に行ける?海外旅行はいつ本格再開?

ページの先頭へ