マウナケア山頂、週明けまで雪の可能性(~2011年11月21日)

[最終更新日:2011年11月19日]

※この記事は公開されてから1年以上が経過しています。最新のニュースをご覧ください。

ハワイ最高峰、標高4,205 mのマウナケアでは晩秋から春にかけて山頂付近では雪が降ることがあるが、アメリカ国立気象局によると、2011年11月21日(月)にかけて再び雪が降る可能性がありそうだ。

マウナケア山頂は、各国の天体観測所が集まっており、日本のすばる望遠鏡がある国立天文台ハワイ観測所もその一帯にある。星空観察ツアーでも人気のスポットだが、雪が降ると山頂へのアクセス道路が通行止めになることもあるので、予定がある場合は注意しておきたい。

また山頂へはレンタカーでのアクセスも不可能ではないが、大手レンタカー会社では走行を禁止している場合がある為、必ずレンタカーのピップアップ時に確認しておきたい。途中にはガソリンスタンドなどもない為、車両が故障した場合にはすぐに対応できないと考えたほうが良い。

マウナケア山頂付近や道路の状況はライブカメラや気象センターのウェブサイトでもチェックできる。

タグ: , | 2011年11月19日

twitterこの記事をツイートする

1/18更新:2021年GW・夏休みはハワイ旅行に行ける?海外旅行はいつ本格再開?

ページの先頭へ