マウイ島も旅行の再検討を要望、レストランはテイクアウト・配達のみに限定

[最終更新日:2020年03月19日]

※この記事は公開されてから1年以上が経過しています。最新のニュースをご覧ください。

カフルイ空港トラム
カフルイ空港トラム

ハワイ州のマウイ島ラナイ島モロカイ島を管轄するマウイ郡のビクトリーノ郡長は3月18日(水)、 公衆衛生上の緊急ルールを発表、3月20日(金)から実施する。

レストランやカフェなどの飲食店は、店内での飲食サービス提供を中止、テイクアウトやデリバリーのみの営業継続とする内容を盛り込んだ。

バーやナイトクラブ、映画館、観光施設や人が集まる場所は引き続き閉鎖しなければならないとした。

ただし市民生活やインフラとして重要なグロッセリーストアやガソリンスタンド、ファーマーズマーケット、各種サービスは引き続き、営業を継続する。

またマウイ島では一部エリアへのアクセスを住民に限定する。島東部でホテルもあるハナの街に続くハナ・ハイウェイ(Hana Highway)は一部区間を住民のみ通行可能とするほか、ピラニ・ハイウェイ(Pilani Highway)でも交通規制を実施する。

マウイ島への渡航を予定している旅行者に対しては、島はパンデミックに備える緊急事態であり、コミュニティの安全を維持し、新型コロナウイルスの感染拡大を防止するため、渡航を考え直すように要望した。

ハワイ州では3月17日に、デービッド・イゲ州知事が、バーやクラブの営業中止やレストランの営業中止またはテイクアウトのみで営業するよう要請。またハワイへの旅行を計画している場合は、以後30日間は延期するよう呼びかけていた。

公式ページ:Mayor Victorino announces Public Health Emergency Rules for Maui County

» 【随時更新】ハワイの新型コロナウイルス情報まとめ、臨時休業や営業時間短縮リスト

タグ: , , | 2020年3月19日

twitterこの記事をツイートする

ページの先頭へ