マウイ島でも運転中の携帯電話を禁止へ

[最終更新日:2010年06月22日]

※この記事は公開されてから1年以上が経過しています。最新のニュースをご覧ください。

日本では自動車を運転中の携帯電話の使用を法律で禁止しているが、ハワイでも2009年にオアフ島で、2010年にはハワイ島、カウアイ島でも同じように運転中の携帯電話を制限する法律が施行されている。

そしてハワイでは最後となったマウイ島でもいよいよ運転中の通話やメールが法律で禁止されることとなった。ただし他の島と同様に、ハンズフリー機器を用いれば通話しても問題ない。

違反者への罰金については各島で金額が異なっているが、マウイ島では初回で最高100ドル、2回目以降は250ドル以上と高額の罰金が科せられるという。

他の島については、カウアイ島で50〜100ドル、ハワイ島で最高150ドル、オアフ島は初回で67ドルとなっている。

なおマウイ島を管轄するマウイ郡(Maui County)はモロカイ島、ラナイ島も含まれている。

関連記事:Cell phone driving ban passed in Maui – Hawaii News – Staradvertiser.com

タグ: , | 2010年6月22日

twitterこの記事をツイートする

1/18更新:2021年GW・夏休みはハワイ旅行に行ける?海外旅行はいつ本格再開?

ページの先頭へ