マリオットとグランドハイアットがカウアイ島のリゾートバブルに参加

[最終更新日:2020年12月03日]

カウアイ・マリオット
カウアイ・マリオット

カウアイ島のカワカミ郡長は、12月2日より州の事前検査プログラムから一時離脱することに伴う「リゾートバブル」に参加するホテルを発表した。

すでに発表されていた5ヶ所の宿泊施設に加えて、カウアイ・マリオットとグランド ハイアットが対象ホテルに追加となる。

ハワイ州の14日間隔離義務では、ホテル等の宿泊施設に滞在する場合、期間中は客室からの外出が認められないが、EMQ(Enhanced Movement Quarantine)と定義される「リゾートバブル」に参加するホテルでは、敷地内に限り外出が許可される。

客室から出てホテル内のプールやレストラン等の施設を利用できるようになるが、スマートウォッチ型ウェアラブル端末を着用する必要がある。

カウアイ島では島に戻る住民や旅行者に加えて、旅行者と濃厚接触のあった住民に新規陽性者が増加。12月2日から一時的に事前検査プログラムによる隔離免除を非適用として、すべての到着者に14日間隔離が再び義務付けられている。医療関係など一定の条件を満たしていれば、従来どおり事前の免除申請は可能。

カワカミ郡長は引き続き、州政府に事前検査プログラムを含むセーフ・トラベルズ・プログラムの修正を求めており、到着後3日間の隔離と再検査を義務付ける内容を繰り返し提案している。

現時点での対象ホテルはこちら。
The Cliffs at Princeville
Hilton Garden Inn
Koa Kea
Kukuiula
Timbers Kauai
Kauai Marriott
Grand Hyatt

12/6追記:グランド ハイアット カウアイは、2020年12月7日で営業を一時休止することが公式インスタグラムで発表されています。最新の営業情報を公式ウェブサイトでご確認ください。

タグ: , , | 2020年12月3日

twitterこの記事をツイートする

1/18更新:2021年GW・夏休みはハワイ旅行に行ける?海外旅行はいつ本格再開?

ページの先頭へ