ハワイアン航空のマーク・ダンカリーCEOが『HAWAII FIVE-0』に出演

[最終更新日:2012年02月13日]

※この記事は公開されてから1年以上が経過しています。最新のニュースをご覧ください。

1968年から1980年に放送され人気を博し、2010年からリメイク版が放送されているTVドラマ『HAWAII FIVE-0』に、ハワイアン航空CEO役として、現ハワイアン航空CEOのマーク・ダンカリー氏が出演した。

CBS系の『HAWAII FIVE-0』(ハワイ・ファイブ・オー)は、タイトルの通りハワイを舞台にしたドラマシリーズで、ハワイ州住民もエキストラなどで数多く参加しているが、本人役で著名人が出演する例は珍しいという。

ダンカリー氏によると出演シーンの撮影は3テイクで終了したそうで、まずまず順調だったことが伺える。ハワイ島ヒロのデザイナーズブランド「ジグ・ゼーン」(SigZane)デザインのアロハシャツを着ての出演シーンは、『HAWAII FIVE-0』を見る機会があれば、ぜひチェックしてみて欲しい。

2012年2月現在、ハワイアン航空羽田、関空からのホノルル行きを毎日1便運航している。また4月には福岡-ホノルル線への新規就航も予定している。

タグ: | 2012年2月13日

twitterこの記事をツイートする

1/18更新:2021年GW・夏休みはハワイ旅行に行ける?海外旅行はいつ本格再開?

ページの先頭へ