マカニカイエア、2019年5月1日からホノルル=カウアイ島プリンスビル線を運航

[最終更新日:2019年04月24日]

※この記事は公開されてから1年以上が経過しています。最新のニュースをご覧ください。

モクレレ航空

ハワイ諸島で国内線を運航するマカニカイエア(Makani Kai Air)が、2019年5月1日からホノルル=プリンスビル線を運航する。

オアフ島のホノルル空港(HNL)とカウアイ島北岸のプリンスビル空港(PV)を1日2往復、約48分で結ぶ。

フライトスケジュールは、ホノルル発が07:00と16:45、プリンスビル発が08:05と17:50と午前便と午後便と設定。

運航機材は9人乗りの小型機、パイパー・ チーフテン(Piper Chieftain)を使用する。

ホノルル空港での発着は、ラグーン・ドライブ沿いの 100 Kaulele Place で、長期または短期での駐車場が利用できる。

プリンスビル空港は1997年以来、定期便が就航しておらず、 マカニカイエアのホノルル線がプリンスビル空港を発着する唯一の路線となる。

カウアイ島北岸のプリンスビル空港は、ハナレイの町や高級リゾートホテルやゴルフ場もあるプリンスビル・リゾートまで車で数分の距離。ホノルルから直接アクセスできるようになるほか、ホノルル空港での出発にかかる所要時間を短縮できるメリットもある。

マカイカイエアは、 ホノルル=モロカイ線、ホノルル=カラウパパ線、カフルイ=モロカイ線、モロカイ=カラウパパ線を運航している。

タグ: , , , , , , | 2019年4月24日

twitterこの記事をツイートする