ハワイ州副知事が7月までに観光業再開を期待、日本も早期再開対象に想定

[最終更新日:2020年05月26日]

7/3追記:ハワイ州が日本にトラベルバブル打診、現在ボールは日本側に

ワイキキ
ワイキキ

ハワイ州のジョシュ・グリーン副知事は5月25日、現地メディア “Hawaii News Now” に旅行・観光業を7月までに再開したい希望を示した。

副知事は観光業の再開がハワイ経済にとって重要であることをかねてから発信していたが、今回は目標とする具体的な時期を挙げている。

海外からの旅行客については、感染拡大を抑えることに成功している日本、ニュージーランド、オーストラリアが早期再開の候補になるだろうとコメント。また日本などはアメリカ本土よりも感染拡大を抑制できていることにも言及している。

現在、日本からの直行便はすべて運休となっているが、アメリカ本土からの旅客便は一部運航を継続。到着後14日間の自己隔離義務に違反する旅行者が逮捕される事例もあり問題となっている。

副知事は以前、本土からの旅行者を念頭にハワイへ出発前の検査を求める “Travel With Aloha” プログラムを検討していることを表明していたが、海外からの旅行客についても同様の対応を想定している。

しかし日本でハワイ行きの国際線に搭乗する直前または数日以内に、新型コロナウイルス感染症の検査を実施し、陰性を証明する体制が整うとは考えづらい。どのようなかたちで旅行者の受け入れを再開できるかは依然として不透明だ。

また副知事は自身の Facebook ページで、ハワイ諸島間の国内線(インターアイランド)については、6月の早い時期に14日間自己隔離義務が免除される見込みを示している。

参考:
Lt. Gov. Josh Green hopes to reopen Hawaii’s tourism industry by July
Chelsea Davis@ChelseaDavisHNN

【6/1追記】この記事はあくまでも「副知事が希望している」という段階の内容です。具体的な再開時期が決まったものではありません。

2020年5月26日

【6/25更新】2020年8月夏休み・年末年始はハワイ旅行に行ける?日本からの海外旅行はいつ再開?

twitterこの記事をツイートする

ページの先頭へ