ラナイ島の98%を購入したオラクル社CEOが、今後はアイランドエアーを買収

アイランドエアーの飛行機

ハワイのインターアイランド路線を運航するアイランド・エアーが、オラクル社CEOのラリー・エリソン氏に売却されたことがわかった。売却額は明らかになっていない。

ラリー・エリソン氏は昨年、ラナイ島の約98%を購入したことでも話題となったが、ラナイ島への航空路線を運航するアイランド・エアーの買収も実現させた。

アイランド・エアーは、オアフ島ホノルルからラナイ島、モロカイ島などへプロペラ機で運航しているが、今後は他の路線への拡大も計画しているという。

運航機材についても現行のハビランドDHC-8から64人乗りATR 72への機材更新も進めており、早ければ近日中にも導入するとしている。

ハワイの国内線市場では、大手のハワイアン航空が新ブランド「オハナ・バイ・ハワイアン」でラナイ島やモロカイ島への路線開設を予定しており、競争が再び激しくなることが予想されている。

関連記事:Larry Ellison buys Island Air – Pacific Business News

タグ: , | 2013年2月28日

twitterこの記事をツイートする

ページの先頭へ