コリアンエアーがホノルル便に大型機

[最終更新日:2008年12月21日]

※この記事は公開されてから1年以上が経過しています。最新のニュースをご覧ください。

韓国の大手航空会社、コリアンエアー(大韓航空)はソウルとホノルルを結ぶ路線に、ジャンボジェット機のボーイング747を導入することを発表した。

これまではボーイング777で運行していたが、韓国がアメリカのVISA免除プログラムに参加したことを受けて、利用客の増加が期待されるため、大型機に変更したかたち。

777は座席数が261?301、747は座席数が333?384となっている為、座席数はこれまでよりも1週間あたり581座席増えると発表している。

大韓航空のホノルル便は日本国内からも新潟からソウル経由での利用ができるため、日本人観光客の利用も多い。2008年12月22日からはマイレージプログラム「スカイパス」でJALホテルズと提携するなど、サービスの拡大も図っている。

参考:大韓航空

タグ: , | 2008年12月21日

twitterこの記事をツイートする

1/18更新:2021年GW・夏休みはハワイ旅行に行ける?海外旅行はいつ本格再開?

ページの先頭へ