カウアイ島のコケエ、ワイメア渓谷州立公園で入園料導入、州民無料

[最終更新日:2021年04月15日]

ワイメア渓谷展望台
ワイメア渓谷展望台

ハワイ州は、カウアイ島のコケエ州立公園とワイメア渓谷州立公園で、2021年4月19日(月)から入園料を導入する。

入園料は、コケエとワイメア共通で、1人あたり5ドル。州外からの旅行者が対象で、ハワイ州民は無料。

すでに導入されている駐車料金は、1台につき10ドル。例えば、車1台に3人が乗車している場合、入園料を3人分、駐車料金を1台分、支払う必要がある。

商用ツアー等の場合、駐車料金は1~7人乗りが25ドル、8~25人乗りが50ドル、26人以上が90ドル。

カウアイ島西部の山岳地帯に広がる両州立公園では、2019年1月28日に州外からの旅行者に駐車料金を導入しており、当初は自動車は1台につき5ドル、二輪車は1台につき1ドルが必要となっていた。

コケエ州立公園(Koke‘e)は、高原や森林が広がる緑豊かな州立公園で、ハイキングやキャンプ、ニジマス釣りなどが楽しめる。また、観光の拠点となるコケエ・ロッジ資料館では、食事や情報収集ができる。

ワイメア渓谷州立公園は、広大な渓谷や大地を見渡せる展望台が人気で「太平洋のグランドキャニオン」と呼ばれることがある。州立公園内にはトレイルコースが点在しており、短い周回コースは駐車場から歩いて気軽に楽しめる。

コケエ、ワイメアへは、リフエ空港から車で約1時間~1時間半、ポイプ・リゾートから車で約1時間~約1時間15分。

公式ページ:
Kōkeʻe State Park
Waimea Canyon State Park
NEW FEES AT KOKE’E & WAIMEA CANYON STATE PARKS (2019)

タグ: , , , | 2021年4月15日

twitterこの記事をツイートする

1/18更新:2021年GW・夏休みはハワイ旅行に行ける?海外旅行はいつ本格再開?

ページの先頭へ