大雨に伴う廃棄物流出の影響でコオリナリゾートのビーチを閉鎖

[最終更新日:2011年01月21日]

※この記事は公開されてから1年以上が経過しています。最新のニュースをご覧ください。

オアフ島コオリナ・リゾートのビーチ閉鎖が続いている。これは大雨の影響により、埋立地から医療廃棄物やゴミなどが流出した為で、汚水を伴い海へ流れ込んだことによる措置としている。

コオリナリゾートはオアフ島西岸に位置するリゾート地区で、マイオットの高級リゾートがあることでも有名だ。現在はディズニーのホテル建設が進んでいることも知られている。

リゾート内には3つのラグーンがあり、人口ビーチとして美しく整備されており、ビーチ沿いには新しいチャペルが誕生したことがテレビ番組でも取り上げられるなど、日本でも注目を集めている。

ホノルル市では海岸沿いに危険を知らせる看板を設置するなどして、ビーチやサーフィンで人気のあるスポットなどでも注意を呼びかけている。

関連記事:KPUA.net – KPUA Hawaii News – Ko Olina beaches still closed after waste release

タグ: , , | 2011年1月21日

twitterこの記事をツイートする

1/18更新:2021年GW・夏休みはハワイ旅行に行ける?海外旅行はいつ本格再開?

ページの先頭へ