近畿日本ツーリスト、ハワイなど海外ツアーを11月末まで中止

[最終更新日:2020年09月30日]

※この記事は公開されてから半年以上が経過しています。最新のニュースをご覧ください。

ワイキキ
ワイキキ

大手旅行会社の近畿日本ツーリストは9月29日、新型コロナウイルス感染症に伴う海外ツアーの取り扱いを更新した。

同社が販売するホリデイ(Holiday)、クリッキー(Clicky)などの旅行ツアーは、全ての国・地域へのツアーを2020年11月30日(月)出発分まで催行中止とした。

中止が決まった期間のツアー予約には、近畿日本ツーリストから順次連絡を行う。

日本は外務省が多くの国・地域を対象に感染症危険情報でレベル3「渡航中止勧告」を継続。近畿日本ツーリストではレベル1「十分注意してください」で原則「通常催行」としており、あと2段階の引き下げが必要になる。

ハワイでは到着後14日間の隔離義務を実施しているが、10月15日から事前検査プログラムによる旅行者受け入れを再開する予定。アメリカ本土ではCVSやカイザー、ユナイテッド航空、ハワイアン航空が検査を準備している。

公式ページ:新型コロナウイルスに伴う当社海外ツアー(ホリデイ・クリッキー)の取り扱いについて

タグ: , , | 2020年9月30日

twitterこの記事をツイートする

1/18更新:2021年GW・夏休みはハワイ旅行に行ける?海外旅行はいつ本格再開?

ページの先頭へ