カウアイ島、住民に夜間外出禁止、旅行者には島への渡航を控えるよう要望

[最終更新日:2020年03月19日]

※この記事は公開されてから1年以上が経過しています。最新のニュースをご覧ください。

ワイメア渓谷展望台
ワイメア渓谷展望台

カウアイ島を管轄するカウアイ郡のデレク S.K .カワカミ郡長(Derek S.K. Kawakami)は3月18日、住民を対象に夜9時から翌朝5時までの夜間外出禁止を発表した。 2020年3月20日(金) から実施される。

対象となる時間には、住居に留まるよう要請されており、旅行者にも影響が出る可能性がある。

カウアイ郡ではこの緊急的なカーフュー(門限)について、現在のリソースを維持しながら、新型コロナウイルス感染拡大を防止、重要なサービスが継続されることが目的としている。

またカウアイ島への旅行については、必要な場合に限定されるべきとの認識を示した。 カワカミ郡長は「カウアイはバケーション中(休暇中)」との表現を用いて、旅行での滞在を控えるよう要望。業界にはカウアイ島を宣伝するマーケティングも控えるよう促した。

ハワイ州では3月17日に、デービッド・イゲ州知事が、バーやクラブの営業中止やレストランの営業中止またはテイクアウトのみで営業するよう要請。またハワイへの旅行を計画している場合は、以後30日間は延期するよう呼びかけていた。

公式ページ:Nighttime curfew to go into effect starting Friday, March 20 in support of emergency efforts; Mayor’s tells visitors “Kaua‘i is on vacation”

» 【随時更新】ハワイの新型コロナウイルス情報まとめ、臨時休業や営業時間短縮リスト

タグ: , , , , | 2020年3月19日

twitterこの記事をツイートする

1/18更新:2021年GW・夏休みはハワイ旅行に行ける?海外旅行はいつ本格再開?

ページの先頭へ