カウアイ島が5/22からのビジネス再開拡大を計画、乗馬ツアーなどのアウトドアも対象

[最終更新日:2020年05月20日]

カウアイ島ハナレイ
カウアイ島ハナレイ

カウアイ島を管轄するカウアイ郡のデレク・カワカミ郡長は5月20日、より広範囲のビジネス再開拡大を5月22日(金)にも実施したい方針を表明。ハワイ州知事に承認を働きかけているとした。

ハワイ州では現在、感染リスクが中程度と判断されるビジネスや屋外活動の段階的な再開が検討されているが、カウアイ島ではいち早く再開規模を広げたい考えを示している。

カウアイ島では新型コロナウイルス感染症の陽性者がこれまで合計で僅か21人にとどまっており、すでに21人全員が隔離を解除されている。過去5週間においても新規感染者が発生しておらず、ハワイ州ではとくに感染拡大を抑えることに成功している島のひとつとなっている。

カウアイ島では再開可能なビジネスとして、ジップラインやATV(4輪バギー)、乗馬ツアーなどのアウトドア、教会、1対1の家庭教師やフィットネス、トレーニング、サロン、理髪店、ネイルサロンを挙げている。

またハウスキーピングを含む清掃業、製造・建設業、プール、共用エリアも再開計画に含まれている。

いずれのビジネスでも再開にあたっては、社会的距離の確保や他者と関わる場合にはマスクを着用することを求めている。

さらに次の段階においては、飲食店での店内飲食、公園やプレイグラウンド、ジム、スパを対象とする計画も表明。来週にも「緊急ルール#11」として発表する意向を示した。

ハワイでは経済活動や屋外活動の段階的な再開が始まっており、5月中旬からはビーチや公園の再開。一部業種を対象とした小売店やショッピングモールの再開も許可されている。

州は4段階にわけた再開計画を進めており、5月16日からは2段階目の “Act With Care” に位置している。

参考:COVID-19: Update, Tuesday, May 19

タグ: , | 2020年5月20日

twitterこの記事をツイートする

ページの先頭へ