カラパナ溶岩見学エリアの一部を一時閉鎖

ハワイ州土地自然資源局(Department of Land and Natural Resources)は2010年5月21日(金)、ハワイ島カラパナ溶岩見学エリアの一部を閉鎖したことを発表した。

2010年5月上旬からカラパナ地区の溶岩流が見学エリア間近まで迫っていたが、これまでハイカーや見学者に人気があったエリアが既に危険区域となっているとして、立ち入り禁止を示す看板を設置している。

カラパナの溶岩見学スポットはハイウェイ130号線の終点近くに位置しているが、州では安全な場所を確保して新たな見学エリアに観光客を誘導しているという。

関連記事:State lands closed due to lava flow – Hawaii News Now – KGMB and KHNL Home

タグ: | 2010年5月23日

twitterこの記事をツイートする

ページの先頭へ