ドクタービーチ発表の全米ビーチランキングにカハナモク・ビーチ

[最終更新日:2010年05月30日]

フロリダ国際大学の「ドクタービーチ」ことステファン・レザーマン博士が毎年発表している全米のビーチランキングには毎年ハワイのビーチもランクインするが、2010年のランキングではハワイからワイキキのカハナモク・ビーチが6位、マウイ島ハナのハモア・ビーチが9位に選ばれた。

ステファン・レザーマン博士は1991年から独自の基準で全米ビーチのランク付けを行っており、このランキングで全米1位に選ばれると、日本の観光ガイドブックでも「全米No.1ビーチ」として紹介されることがある。ハワイではハワイ島のハプナ・ビーチやオアフ島のハナウマ湾カイルア・ビーチなどがその例。

ワイキキのカハナモク・ビーチは、通常ワイキキ・ビーチとして一括りで呼ばれる砂浜の一部だが、ヒルトン・ハワイアン・ビレッジ周辺のビーチを指す。

ランキングには海水や砂浜の質や環境、安全面など50にわたる項目でチェックされており、毎年ランク入りするビーチは大幅に変化するのがその特徴だ。今回1位に選ばれたのはニューヨーク州のクーパーズ・ビーチ(Coopers Beach)。2位以下にはカリフォルニア州、フロリダ州などから幅広くランクインしている。

関連記事:Kahanamoku, Hamoa make Dr. Beach’s Top 10 list – Pacific Business News (Honolulu)

タグ: , , | 2010年5月30日

【6/25更新】2020年8月夏休み・年末年始はハワイ旅行に行ける?日本からの海外旅行はいつ再開?

twitterこの記事をツイートする

ページの先頭へ