ハワイ州、2014年10月1日を「JTB DAY」に、トラベルプラザも開設

[最終更新日:2014年10月01日]

※この記事は公開されてから1年以上が経過しています。最新のニュースをご覧ください。

ルックJTBの'OLI 'OLI ウォーカー

ハワイ州のニール・アバクロンビー州知事は、2014年10月1日を「JTB DAY」と制定すること決め、ハワイ時間の同日にはオアフ島ホノルルのハワイ知事庁舎で宣誓式典を開催する。

JTBはこれまで日本からのハワイ旅行では圧倒的な送客数を誇ってきた旅行会社。ハワイ旅行を計画したことあれば、一度はJTBのパンフレットなどを目にしているだろう。また現地ハワイではオプショナルツアーなど現地での観光サービス、サポートが充実していることでも定評がある。

ハワイ州観光局によると、2013年の海外からハワイへの年間訪問者数のうち約半数は日本からで、その数は151万人にも及ぶ。JTBグループでは、約43万人の取り扱いがあったとしており、多くの旅行者がJTBでハワイを訪れたことになる。

こういったハワイ州への送客実績や1964年に開設したJTBホノルル支店がちょうど50周年を迎え、JTBが手がけているイベント「ホノルル・フェスティバル」が20周年というタイミングで、「JTB DAY」が制定されることとなった。

ハワイ州知事による “JTB Day in Hawaii” の宣誓は、ハワイ時間の2014年10月1日(日本時間10月2日)午前11時30分に行われる予定となっている。

またJTBでは、2014年10月1日からワイキキ・ショッピング・プラザ地下1階に「トラベルプラザ」を開設する。現地オプショナルツアーやウェディングの事前打ち合わせ、カルチャー教室を提供する。ローカルにも人気のラニカイジュースなども出店する予定。

2012年からはマウイマラソンの大会タイトルスポンサーにもなっているJTB、今後もハワイ旅行を盛り上げてくれる存在となりそうだ。

プレスリリース:ハワイ州が 2014 年 10 月 1 日を「JTB DAY」と制定(PDF)

タグ: , | 2014年10月1日

twitterこの記事をツイートする

1/18更新:2021年GW・夏休みはハワイ旅行に行ける?海外旅行はいつ本格再開?

ページの先頭へ