JTB、海外ツアーを2021年11月30日出発まで中止

[最終更新日:2021年09月30日]

11/15最新:JTB、海外ツアーを2022年1月7日出発まで中止

オリオリトロリー
オリオリトロリー

旅行会社のJTBは9月29日、新型コロナウイルス感染症の影響に伴う海外ツアーの取り扱いを更新した。

ルックJTBなどの募集型企画旅行については、ハワイを含むすべての国・地域を対象に、2021年11月30日(火)出発までツアーの催行を中止とする。

9月29日現在、 日本からアメリカへは、出発前3日以内の検査が必要となっているほか、11月上旬頃からは検査に加えてワクチン接種完了を義務付ける方針を米政府が発表している。

日本からハワイへは、ハワイ州の事前検査プログラムを利用することで、到着後の10日間隔離義務が免除される。日本出発はワクチンパスポート(Vaccine Exception Program)の対象外。29日の “Spotlight Hawaii” インタビューで州知事は、現時点では Safe Travels Program への大きな変更は実施しないとコメントしている。

ハワイから日本への入国/帰国では、ハワイで出発前72時間以内に検査を受ける必要があるほか、帰国日の翌日から起算して14日間の待機要請(外出制限)が継続されている。

10月1日からはワクチン接種完了と10日目以降の自主検査で、待機期間の部分的な短縮や待機場所の変更等が実施される予定。

公式ページ:新型コロナウイルス感染症発生に伴う当社海外旅行の取り扱いについて

タグ: , , | 2021年9月30日

twitterこの記事をツイートする

ページの先頭へ