JTB、ハワイなど海外ツアーを2021年1月7日出発まで中止

[最終更新日:2020年11月09日]

※この記事は公開されてから3ヶ月が経過しています。最新のニュースをご覧ください。

3/15追記:JTB、ハワイなど海外ツアーを2021年5月6日出発まで中止

オリオリトロリー
オリオリトロリー

旅行会社のJTBは11月9日、新型コロナウイルス感染症に伴う海外旅行の取り扱いを更新した。

ルックJTBなどの募集型企画旅行について、全ての国・地域を対象に2021年1月7日出発分まで催行中止とする。

日本では外務省が引き続き、ハワイを含む米国全土など多くの国・地域を対象に感染症危険情報でレベル3「渡航中止勧告」を発出。一部の国・地域については10月末にレベル2「不要不急の渡航は止めてください」へ引き下げたが、帰国時の14日間待機要請が継続されていることもあり、旅行会社のツアー催行は難しい状況が続く。

ハワイ州では、11月6日(金)出発・到着分から日本国内の認定検査パートナーとなる州指定医療機関での陰性結果で、到着後14日間の隔離義務を免除している。ただし日本帰国後の14日間待機要請は、ビジネス渡航で一定の条件を満たす場合を除き対象になる。

日本=ハワイ間の直行便では、ハワイアン航空が11月から段階的に増便するものの、ANAでは1月末までは月2往復のみ予定。大韓航空は12月末まで運休、ユナイテッド航空は1月4日まで運休、デルタ航空は冬期スケジュール末の3月27日発まで販売を取り止めている。

11/11追記:ANA、ホノルル線を12月から週2往復に、年末年始に増便も

公式ページ:新型コロナウイルス感染症発生に伴う当社海外旅行の取り扱いについて

タグ: , , | 2020年11月9日

twitterこの記事をツイートする

1/18更新:2021年GW・夏休みはハワイ旅行に行ける?海外旅行はいつ本格再開?

ページの先頭へ