JTB、ハワイ・グアム・サイパン・パラオ行きツアーを9月15日出発まで中止、その他は9月末まで

[最終更新日:2020年07月29日]

オリオリトロリー
オリオリトロリー

大手旅行会社のJTBは7月29日、新型コロナウイルス感染症に伴う海外旅行の取り扱いを更新した。

ルックJTBなどの募集型企画旅行については、ハワイ、グアム、北マリアナ(サイパン)、パラオなどその他ミクロネシアについては2020年9月15日出発分まで催行中止を延長。

その他の国・地域に滞在するツアーは、9月30日出発分まで催行を中止する。

日本ではアメリカ全土を含む多くの国・地域に、感染症危険情報でレベル3「渡航中止勧告」を発出している。また入国・帰国時には空港検疫で検査を実施しており、陰性の場合でも14日間はホテルや自宅等で待機するよう要請。

ハワイ州では、州外からのすべての到着者に14日間隔離を義務付けており、隔離違反者には罰金・禁固刑を課している。

ハワイでは8月1日から事前検査プログラムによる隔離免除を予定していたが、主に利用が想定されていた米本土の一部州で感染拡大が続いており、現時点では9月1日開始に延期となっている。

日本=ハワイ間の直行便では、8月末まですべての航空会社が運休(JALが8月に4往復のみ臨時便)。9月以降もデルタ航空や大韓航空では、運休または航空券の販売を取りやめている。

日本=グアム間は、ユナイテッド航空が成田=グアム線をを引き続き運航中。JALは9月末までの運休を発表済み。

日本=サイパン間で唯一の直行便を運航するスカイマークは、成田=サイパン線を夏季ダイヤ末の10月24日まで運休することを決めている。

公式ページ:新型コロナウイルス感染症発生に伴う当社海外旅行の取り扱いについて

タグ: , , | 2020年7月29日

【8/8更新】2020年の秋・年末年始、2021年GWはハワイ旅行に行ける?日本からの海外旅行はいつ再開?

twitterこの記事をツイートする

ページの先頭へ