ジャルパック、11/14にB789「ハワイ気分周遊チャーター」Reso`chaビンゴが復活

[最終更新日:2020年10月21日]

※この記事は公開されてから3ヶ月が経過しています。最新のニュースをご覧ください。

旅行会社のジャルパックは、2020年11月14日(土)に「JALのハワイがギュッとつまった ハワイ気分周遊チャーター」を実施する。

JALの787-9型機をチャーターした国内旅行商品で、10月21日(水)14時から22日(木)までWebサイトでの抽選応募制で受け付ける。

機内食
機内食

発着は羽田空港で、午前7:30頃に集合。9:30頃に出発して、昼過ぎの12:30頃に戻ってくる約3時間の周遊フライト。最少催行人員は176名。

使用機材は、ハワイ線運航機材を使用予定としており、国際線仕様B787-9のゆったりした座席で遊覧フライトを楽しめる。

またかつてJALがハワイ路線のブランド「Reso`cha(リゾッチャ)」で実施していた機内ビンゴ大会が復活。ハワイ線の機内食も提供するほか、JALハワイのCM集を機内で放映する。ハワイ線アメニティとオリジナルの搭乗証明書も用意する。

料金はビジネスクラスで窓側1席 59,000円、通路側1席 54,000円。プレミアムエコノミークラスは、窓際は2席のセット販売となり、窓側2席が1名あたり40,000円、窓側(翼の上)が1名あたり38,500円。中央席は1人から35,000円で予約できる。

エコノミークラスも窓側は2席セットでの販売。窓側2席が1名あたり35,000円、窓側(翼の上)2席が1名あたり33,000円。窓側2席を1名で利用する場合は57,000円。中央席1席(窓なし席含む)は29,000円で販売すり。

このツアーは、フライトマイル・ツアーマイルとFLY ONポイントの積算対象外商品。 また「Go To トラベルキャンペーン」でも対象外のツアー商品となる。

ハワイ路線ではB787-9「ARASHI HAWAII JET」(*1)などが運航されていたが、現在は新型コロナウイルス感染症の影響でB787-8の臨時便のみが運航されている。

(*1) 当ツアーで「ARASHI HAWAII JET」が使用されるとは案内されていません

公式ウェブサイト:JALのハワイがギュッとつまった ハワイ気分周遊チャーター

タグ: , , | 2020年10月21日

twitterこの記事をツイートする

1/18更新:2021年GW・夏休みはハワイ旅行に行ける?海外旅行はいつ本格再開?

ページの先頭へ