ジャルパック、ハワイ行きツアーを8月31日出発まで販売中止、グアム・北米は9月末まで

[最終更新日:2020年07月10日]

8/8追記:ジャルパック、ハワイ滞在コースを9月30日出発まで販売中止

7/30追記:ジャルパック、ハワイ滞在コースを9月15日出発まで販売中止

JALのB767-300ER

旅行会社のジャルパックは7月10日、新型コロナウイルス感染症の影響に伴う海外ツアーの取り扱いを更新した。

同社が販売するJAL海外ダイナミックパッケージ、海外パッケージツアーでは、ハワイに滞在する商品が2020年8月31日(土)出発分まで販売中止となる。

同様に8月31日出発まで販売中止するのは、ヨーロッパ滞在コース、東アジアと南・東南アジアに滞在するJAL海外ダイナミックパッケージ。

9月30日出発まで海外パッケージツアーが販売中止となるのが、グアム、アメリカ、カナダ、中南米、オーストラリア、ニュージーランド、フィジー、ニューカレドニア、タヒチ、中国、香港、マカオ、韓国、台湾、タイ、フィリピン、シンガポール、ベトナム、マレーシア、カンボジア、インドネシア、インド、スリランカ、モルディブの各都市滞在コース。

予約済みの場合、取消料全額免除の特別対応については、申し込んだ旅行会社で受け付けている。JAL eトラベルプラザで予約した場合は、予約確認/購買履歴から取消手続きが可能。

航空会社のJALでは、運航予定のあったハワイ直行便を8月末まで全便運休するが、8月に羽田=ホノルル線で4往復のみ臨時便を設定。赴任や留学、一時帰国の需要に対応する。9月以降のハワイ線は検討中としている。

ハワイ州では現地時間の6月24日、8月1日から事前の陰性証明を用意した場合、到着者に義務付けている14日間隔離を免除することを発表したが、主にアメリカ国内からの旅行者を想定している。

行先・滞在先中止期間
ハワイ8月31日出発まで
グアム9月30日出発まで
アメリカ、カナダ、中南米9月30日出発まで
オーストラリア9月30日出発まで
ニュージーランド、フィジー、ニューカレドニア、タヒチ9月30日出発まで
ニューカレドニア(関西発)11月30日出発まで
ヨーロッパ8月31日出発まで
東アジア(JAL海外ダイナミックパッケージ)8月31日出発まで
東アジア(海外パッケージツアー)9月30日出発まで
南・東南アジア(JAL海外ダイナミックパッケージ)8月31日出発まで
南・東南アジア(海外パッケージツアー)9月30日出発まで

公式ページ:新型コロナウイルス感染症の影響に伴う海外ツアーの取り扱い および 取り消しについて(2020年7月10日更新)

タグ: , , , , | 2020年7月10日

【8/8更新】2020年の秋・年末年始、2021年GWはハワイ旅行に行ける?日本からの海外旅行はいつ再開?

twitterこの記事をツイートする

ページの先頭へ