ジャルパック、ハワイ・グアム等の滞在ツアーを10月15日出発まで販売中止

[最終更新日:2020年08月27日]

※この記事は公開されてから半年以上が経過しています。最新のニュースをご覧ください。

2021/4/2追記:ジャルパック、ハワイ滞在パッケージツアーを2021年6月末まで中止

JALのB777-200

旅行会社のジャルパックは8月27日、新型コロナウイルス感染症の影響に伴う海外ツアーの取り扱いを更新した。

JAL海外ダイナミックパッケージと海外パッケージツアーでは、ハワイやグアム、北米、中南米、アジア、東南アジアなどに滞在するツアーを2020年10月15日(水)出発分まで販売中止とした。

またヨーロッパ滞在コースは10月31日(土)出発まで、タヒチに滞在するコースは11月2日(月)出発まで販売中止としている。

航空会社のJALでは9月末までハワイ路線の運休を決めているが、赴任や留学・一時帰国に対応するため8月に羽田=ホノルル線で4往復9月に2往復の臨時便を設定。

日本の外務省では多くの国・地域を対象に「渡航中止勧告」を発出しており、8月26日にも継続を発表している。ハワイではオアフ島で多くの新規陽性者数が連日報告されているため、8月27日から2週間の在宅命令を実施。州外からの到着者には14日間の隔離義務を継続しており、日本からのハワイ旅行ツアーが再開できる見通しはたっていない。

公式ページ:新型コロナウイルス感染症の影響に伴う海外ツアーの取り扱い および 取り消しについて(2020年8月27日更新)

タグ: , , , | 2020年8月27日

twitterこの記事をツイートする

1/18更新:2021年GW・夏休みはハワイ旅行に行ける?海外旅行はいつ本格再開?

ページの先頭へ