JAL、成田-ホノルル線を臨時便運航で増便、2016年夏から2017年春に

[最終更新日:2016年09月08日]

※この記事は公開されてから1年以上が経過しています。最新のニュースをご覧ください。

JALのB787型機

JAL(日本航空)は当初の計画通り、2016年9月1日から成田-ホノルル線で臨時便の運航を開始した。

成田発のJL8782便、ホノルル発のJL8781便を、2017年3月25日までの一部日程で運航する計画で、2016年11月30日までは毎日1便を増便して運航中だ。

運航機材は期間によってB767-300ERまたはB787-8を導入。B767はJAL SKY SUITE仕様、B787-8はボーイングの最新鋭機種とあって、どちらも座席などのサービス面で好評を得ている機材となっている。

出発時刻はJALの成田発では最も早い19時前後、ホノルルには同日の朝7時前後に到着する。復路はホノルルを朝早めの時間帯の出発となるが、成田着も午後早めの13時前後となり、国内線への乗り継ぎにも余裕がある旅程を組むことができる。

また2016年12月11日(日)に開催予定のJALホノルルマラソン前後の日程でもこの臨時便が設定されており、開催直前の2016年12月8日~10日に成田発、開催後の12日~14日にホノルル発を運航する。

成田-ホノルル線は長い間、JAL、ANA、デルタ航空(旧ノースウエスト航空路線)、ユナイテッド航空、チャイナエアラインが運航してきたが、過去数年間で大韓航空やハワイアン航空も新規参入しており、座席供給数は安定している。

また2010年10月末からは羽田-ホノルル線において、JAL、ANA、ハワイアン航空がデイリー運航しており、首都圏からハワイへの直行便は増加傾向にある。

フライト本数の増加は、従来のハワイ人気に加えて、ヨーロッパなど他地域における治安面への懸念も影響しているとされ、比較的安心して海外旅行が楽しめるハワイ旅行のニーズが高まっていることが伺える。

2016年9月1日(木)~9月30日(金)までの時刻表はこちら。

便名 出発時刻 到着時刻 飛行時間 機材
JL8782 19:15 07:00 7時間30分 B787-8
JL8781 09:50 12:50 *翌日 8時間 B787-8

2016年10月1日(土)~10月29日(土)までの時刻表はこちら。

便名 出発時刻 到着時刻 飛行時間 機材
JL8782 19:20 07:25 7時間5分 B787-8
JL8781 09:15 12:50 *翌日 8時間35分 B787-8

2016年10月30日(日)~11月30日(水)までの時刻表はこちら。

便名 出発時刻 到着時刻 飛行時間 機材
JL8782 18:55 07:00 7時間5分 B767-300ER
JL8781 09:10 13:15 *翌日 9時間5分 B767-300ER

2016年12月8日~10日(成田発のみ)、12日~14日(ホノルル発のみ)、12月28日~31日、2017年1月1日~8日の時刻表はこちら。

便名 出発時刻 到着時刻 飛行時間 機材
JL8782 18:55 06:30 6時間35分 B787-8
JL8781 08:50 13:15 *翌日 9時間25分 B787-8

2017年1月26日(木)~2月19日(日)、3月9日(木)~25日(土)の時刻表はこちら。

便名 出発時刻 到着時刻 飛行時間 機材
JL8782 18:55 06:30 6時間35分 B767-300ER
JL8781 08:50 13:15 *翌日 9時間25分 B767-300ER

※発着時刻は出発日により異なる場合があります、航空会社ウェブサイトでご確認ください

プレスリリース:JALグループ、2016年度 路線便数計画の一部変更を決定

タグ: , , , | 2016年9月8日

twitterこの記事をツイートする

ページの先頭へ