JAL、成田ーハワイ島コナ線を往復直行便で再開、2017年9月15日から

JAL(日本航空)は、2017年9月15日から成田ーハワイ島コナ直行便を運航することを発表した。

JALでは2010年10月まで成田からのコナ直行便を運航しており、約7年ぶりに復活することになった。

JALのB767-300

運航は毎日で、成田を夜9時25分に出発、ハワイ島コナ国際空港には同日の午前10時15分に到着する。

復路はコナを昼の12時15分に出発、成田には翌日の16時に到着するフライトスケジュールが予定されている。

2010年まで運航されていた便は、帰りがホノルル経由となっていたが、今回開設されるフライトは、帰りのハワイ島発も直行便となる。

運航機材は、ボーイング767-300ERで、ビジネスクラスにフルフラット座席「JAL SKY SUITEⅡ」、エコノミークラスにはシートピッチを拡大した新・間隔エコノミー「JAL SKY WIDER」を搭載した機材を投入する。

2017年5月現在、ハワイ島へはハワイアン航空が羽田ーコナ直行便を週3便で運航している。

JALの再参入でハワイ島の人気が再び高まるか注目される。ハワイ島の特集ページも公開されているので、ぜひチェックしてみよう。

計画されている時刻表はこちら。

便名 出発時刻 到着時刻 飛行時間 機材
JL770 成田 21:25 コナ 10:15 7時間50分 B767-300ER
JL779 コナ 12:15 成田 16:00 8時間45分 B767-300ER

プレスリリース:JALグループ、2017年度路線便数計画の一部変更を決定 | プレスリリース | JAL企業サイト

タグ: , , , | 2017年5月29日

twitterこの記事をツイートする

ページの先頭へ