JAL、ホノルル空港の新ラウンジ「サクララウンジ・ハレ」を2018年8月18日オープン

JAL

JAL(日本航空)は2018年8月18日、ホノルルのダニエル・K・イノウエ国際空港に新ラウンジ「サクララウンジ・ハレ(Sakura Lounge Hale)」をオープンする。

従来の「サクララウンジ(本館)」に加えて、新たなラウンジが誕生することで、ラウンジの混雑緩和や搭乗便のゲートに近いラウンジを利用できることが期待される。

場所はターミナル2のCゲート(エバコンコース)で、C1ゲート近くのエレベーターから2階のラウンジへアクセスできる。保安検査を通過後、右方向に進んだ場所にあり、JALやコードシェアするハワイアン航空の一部の出発便が利用しているゲート付近に立地。

ラウンジの利用は、JMB(JALマイレージバンク)の会員ステータスが、JMBダイヤモンド、JGCプレミア、JMBサファイア、JALグローバルクラブの本人と同行者1人まで。2人目~3人目の同行者は、ラウンジクーポンの提示で利用が可能。

また搭乗クラスが、ファーストクラス、ビジネスクラス、プレミアムエコノミークラス、エコノミークラス(Flex Y運賃)で利用できる。

JALでは「上品なグレーの色調が作り出す日本的で上質な空気感漂う空間に、ハワイアンカルチャーの持つ穏やかで温かみのあるエッセンスを加えた、旅の余韻に浸りながらお寛ぎいただけるラウンジ空間」としており、サーフアートで彩られたダイニングエリアや飛行機が見られるカウンター席を用意。

新ラウンジの名前にある「ハレ(Hale)」とはハワイ語で「家」や「建物」といった意味があり、ハワイではコンドミニアムなど宿泊施設の名称にも使われている。

ホノルル空港では、2018年6月からターミナル名やゲート番号を刷新しており、国際線が利用する主要ターミナルの名称は「ターミナル2」となっている。

公式ページ:2018年8月18日、Sakura Lounge Hale サクララウンジ ハレ オープン!

タグ: , , | 2018年8月18日

twitterこの記事をツイートする

ページの先頭へ