JAL、2021年9月末まで羽田=ホノルル線を週2往復、一部期間で増便も

[最終更新日:2021年05月07日]

JALのB787-8
JALのB787-8

JAL(日本航空)は7日、新型コロナウイルス感染症の影響に伴う国際線の運航計画を更新した。

日本=ハワイ間では引き続き、羽田=ホノルル線のみ運航。9月末まで週2往復で継続するほか、8月前半の一部期間は週4往復とし、9月の一部日程でも運航日を設定する。

羽田発はこれまで通り火・金曜日、ホノルル発は水・土曜日(翌日着)。また、羽田発の8月3日から14日までは火・木・金・土曜日、ホノルル発の8月4日から15日まで水・木・土・日曜日の週4往復とする。

さらに、羽田発の9月18日(土)・19日(日)、ホノルル発の9月19日(日)・20日(月)にも運航日を設定した。

その他のハワイ路線では、羽田=ホノルル線のJL72/JL71便、成田=ホノルル線、成田=ハワイ島コナ線、中部=ホノルル線、関西=ホノルル線は、9月30日まで運休を継続する予定。

成田=ホノルル線については、コロナ以前に毎日2往復を計画していたが、JL786/JL785便は当面運休として、現在も運休中であるものの、路線を減便することを決定した。

また、成田=グアム線も運休を継続するほか、コロナ以前に増便を計画していたJL943/JL944便を、増便見送りの扱いとした。

日本=ハワイ間においては、提携するハワイアン航空が運航する成田=ホノルル線の週2往復、関西=ホノルル線の週1往復でコードシェアしており、JAL便名で予約することもできる(5月7日現在、7月末までの運航計画を発表済み)。

日本からのハワイ渡航では、ハワイ州の事前検査プログラムを利用することで、到着後の10日間隔離義務が免除される。ハワイ州 “Safe Travels” システムへの旅行・健康情報の事前オンライン登録は、プログラムの利用有無に関わらず必須。JALでは、羽田空港での出発時に隔離免除を確認するプリクリアランス(事前検疫審査)を実施している。

日本への出発には、入国・帰国に必要な有効な陰性結果を、ハワイで出発72時間以内に取得する必要がある。日本政府が求める有効な陰性結果書類を所持していない場合、日本行き国際線への搭乗を拒否される可能性があるほか、到着時には入国を拒否され、出発地へ送還される事例も報告されている。

また、日本への入国・帰国時には、翌日から起算して14日間のホテルまたは自宅待機が必要。帰国した空港からの移動に、公共交通機関(電車、バス、タクシー、国内線の飛行機、旅客船など)を使用しないよう強く要請されている。

7月以降の時刻表

便名 出発時刻 到着時刻 運航曜日
JL74 (HA5389) 羽田 21:00 ホノルル 09:40 (09:55) 火金(8/3~8/14は火木金土)、9/18、9/19
JL73 (HA5390) ホノルル 12:35 羽田 15:55 *翌日 水土(8/4~8/15は水木土日)、9/19、9/20

※一部日程は括弧内の時刻で運航。発着時刻は時期により前後します。JALウェブサイトにて出発日の時刻をご確認ください。便名の括弧内はコードシェアするハワイアン航空便名です。

運休する便名一覧

路線便名期間内容
羽田-ホノルルJL072/JL0712021年7月1日~9月30日運休
成田-ホノルルJL786/JL7852021年7月1日~9月30日運休(減便)
JL784/JL7832021年7月1日~9月30日運休
関西-ホノルルJL792/JL7912021年7月1日~9月30日運休
中部-ホノルルJL794/JL7932021年7月1日~9月30日運休
成田-コナJL770/JL7792021年7月1日~9月30日運休
成田-グアムJL941/JL9422021年7月1日~9月30日運休
JL943/JL9442021年7月1日~9月30日運休(増便見送り)

公式ページ:新型コロナウイルス感染症の影響に伴う国際線の対応について(Rev.28)

タグ: , , , | 2021年5月7日

twitterこの記事をツイートする

ページの先頭へ