JALハワイ、2022年2月に成田デイリー、羽田週2往復

[最終更新日:2021年12月02日]

※この記事は公開されてから1年以上が経過しています。最新のニュースをご覧ください。

11/16最新:JAL、2023年2月~3月のハワイ路線を更新

JALのB787-8
JALのB787-8

JAL(日本航空)は2日、新型コロナウイルス感染症の影響に伴う国際線の運航計画を更新した。ハワイ路線の対象期間は2022年2月1月から2月28日まで。

日本=ハワイ間では、成田=ホノルル線をデイリー化して毎日運航とし、羽田=ホノルル線は週2往復を継続する。運航機材は、羽田線がB787-8、成田線がB767-300ER。

2021年から2022年にかけての年末年始には、羽田=ホノルル線を臨時便として増便するほか、中部=ホノルル線と関西=ホノルル線でも臨時便を予定している。

日本=ハワイ間では他に、グループLCCのZIPAIRが成田=ホノルル線を運航。提携するハワイアン航空は成田=ホノルル線と関西=ホノルル線を継続しており、JALがコードシェアしている。

米国入国には 11月8日から、出発前3日以内の検査とワクチン接種を完了していることの両方が義務付けられた。日本からハワイへの直行便を利用する場合、以前のようなハワイ州独自の規制はなくなり、米政府が決定した新たな入国規制に移行している。

NHKなど一部報道によると、CDC(米国疾病予防管理センター)は、オミクロン株への懸念から渡航前の検査について、出発前1日以内に短縮する方針を検討している。

12/3追記:オミクロン株への懸念から渡航前の検査は出発前1日以内に短縮される予定です(12/6から適用見込み)

ハワイから日本への入国/帰国では、ハワイで出発前72時間以内に検査を受ける必要があるほか、ワクチン接種の有無によって10日間または14日間の待機要請(外出制限)がある。11月30日からはオミクロン株の水際対策で、外国人の入国は原則禁止されている。

12/17発表分:12月20日より日本入国/帰国時の指定宿泊施設待機は6日間に延長されました(19日までは3日間)。

羽田=ホノルル線(2022年2月)

便名 出発時刻 到着時刻 運航曜日
JL74 (HA5389) 羽田 21:00 ホノルル 08:40 火金
JL73 (HA5390) ホノルル 11:55 羽田 16:25 *翌日 水土

成田=ホノルル線 (2022年2月)

便名 出発時刻 到着時刻 運航日
JL784 (HA5393) 成田 20:30 ホノルル 08:10 毎日
JL783 (HA5392) ホノルル 12:35 成田 17:05 *翌日 毎日

運休する便名一覧

路線便名期間備考
羽田-ホノルルJL72/JL712022年2月1日~2月28日運休
関西-ホノルルJL792/JL7912022年2月1日~2月28日運休
中部-ホノルルJL794/JL7932022年2月1日~2月28日運休
成田-コナJL770/JL7792022年2月1日~2月28日運休
成田-グアムJL941/JL9422022年2月1日~2月28日運休

※発着時刻は時期や出発日により異なります。ご利用日の時刻は航空会社ウェブサイトでご確認ください。

プレスリリース:新型コロナウイルス感染症の影響に伴う国際線の対応について(Rev.33)

タグ: , , , | 2021年12月2日

twitterこの記事をツイートする