JAL、2021~22年末年始にハワイ増便、中部・関西発着も運航

[最終更新日:2021年10月15日]

JALのB787
関西国際空港

JAL(日本航空)は14日、新型コロナウイルス感染症の影響に伴う国際線の運航計画を更新した。ハワイ路線の対象期間は2021年12月から2022年1月まで。

日本=ハワイ間では、羽田=ホノルルを週2往復で継続するほか、2021年から2022年にかけての年末年始は増便。成田=ホノルル線は12月から週2往復するが、一部日程は羽田の増便に合わせて運休する。

また、中部=ホノルル線と関西=ホノルル線をボーイング787型機で運航する。中部発着のハワイ路線は、コロナ影響下では初めての再開となる。

日本=ハワイ間では他に、グループLCCのZIPAIRが成田=ホノルル線を運航。提携するハワイアン航空は成田=ホノルル線と関西=ホノルル線を継続しており、JALがコードシェアしている。

2021年10月14日現在、日本からハワイへは、州の事前検査プログラムを利用することで、到着後の10日間隔離義務が免除される。日本出発はワクチンパスポート(Vaccination Exception Program)の対象外となっているが、ハワイ側の渡航規制は変更が発表される可能性もある。

追記:2021年11月8日から事前検査プログラムは不要に(米国政府の新規則に移行)

米政府は、 出発前3日以内の検査に加えて、 11月8日からワクチン接種完了を入国の条件とすることを発表。FDA(食品医薬品局)が承認またはWHO(世界保健機関)の緊急使用リストに含まれるワクチンを必要回数接種して、2週間が経過している必要がある。日本で接種されているファイザー、モデルナ、アストラゼネカはいずれも対象。

ハワイから日本への帰国では、ハワイで出発前72時間以内に検査を受ける必要があるほか、ワクチン接種の有無によって10日間または14日間の待機要請(外出制限)がある。なお、この規制についても、ワクチン接種完了を条件にさらに緩和される見込みとなっている。

羽田=ホノルル線(定期旅客便)

便名 出発時刻 到着時刻 運航曜日
JL74 (HA5389) 羽田 21:00 ホノルル 08:40 火金(12/24、12/28、12/31、1/4、1/7、1/11は運休)
JL73 (HA5390) ホノルル 11:55 羽田 16:25 *翌日 水土(12/25、12/29、1/1、1/5、1/8、1/12は運休)

羽田=ホノルル線(臨時便)

便名 出発時刻 到着時刻 運航日
JL8782 羽田 21:30 ホノルル 09:10 12/24、12/25、12/26、12/28、12/29、12/31、1/3、1/4、1/7、1/8、1/9、1/10
JL8781 ホノルル 13:00 羽田 17:30 *翌日 12/24、12/25、12/26、12/28、12/29、1/3、1/4、1/7、1/8、1/9、1/10

成田=ホノルル線(定期旅客便)

便名 出発時刻 到着時刻 運航日
JL784 (HA5393) 成田 20:30 ホノルル 08:40 水日(12/26、12/29、1/2、1/5、1/9は運休)
JL783 (HA5392) ホノルル 12:50 成田 17:20 *翌日 月木(12/20、12/27、12/30、1/3、1/6、1/10は運休)

関西=ホノルル線(臨時便)

便名 出発時刻 到着時刻 運航日
JL8792 関西 21:40 ホノルル 09:45 12/28、1/2
JL8791 ホノルル 11:50 関西 16:55 *翌日 12/18、12/28、1/2

中部=ホノルル線 (臨時便)

便名 出発時刻 到着時刻 運航日
JL8794 中部 22:00 ホノルル 09:45 12/29、1/3
JL8793 ホノルル 11:50 中部 16:30 *翌日 12/19、12/29、1/3

※発着時刻は出発日や時期により異なります。ご利用日のスケジュールは航空会社ウェブサイトでご確認ください。
※成田=ハワイ島コナ、成田=グアムは運休。

プレスリリース:新型コロナウイルス感染症の影響に伴う国際線の対応について(Rev.32)

タグ: , , , , , | 2021年10月15日

twitterこの記事をツイートする

ページの先頭へ