JAL(日本航空)、燃油サーチャージをゼロに、2016年4月1日発券分から

JALのB763型機

JAL(日本航空)は、2016年4月1日から5月31日発券分の国際線について、燃油サーチャージ(燃油特別付加運賃)を非適用とすることを決めた。

JALでは発券日ベースで燃油サーチャージを適用している為、4月1日以降に発券(購入)した日本発着の航空券については、出発日に関わらず、燃油代がゼロになる。

ゴールデンウイーク、夏休み、年末年始についても、4月1日以降に発券すれば、燃油サーチャージが非適用となる。

JALではマイルと交換できる特典航空券で、燃油代が別途必要となるので、サーチャージがゼロになる4月以降はマイルの利用でもお得感が出そうだ。

2016年6月以降発券分の燃油サーチャージについては、改めて4月中に発表される見込み。

2016年2月現在、JALでは成田-ホノルル線、羽田-ホノルル線、中部-ホノルル線、関西-ホノルル線を毎日運航している。

方面 2016年3月31日発券分まで 2016年4月1日発券分から
韓国・極東ロシア 300円 非適用
中国・台湾・香港 1,500円
グアム・フィリピン・パラオ・ベトナム 2,000円
タイ・シンガポール・マレーシア 3,000円
インドネシア・インド・ハワイ 4,000円
北米・欧州・中東・オセアニア 7,000円

プレスリリース:2016年02月09日 国際線「燃油特別付加運賃」が不要に(4月~5月発券分)

タグ: , , | 2016年2月9日

twitterこの記事をツイートする

ページの先頭へ