JAL、燃油サーチャージを値下げでハワイ片道15000円に、2012年4月1日発券分より

ワンワールドに加盟するJAL(日本航空)は、2012年4月1日から2012年5月31日発券分の燃油サーチャージを値下げする。日本-ハワイ路線の燃油代は現行の片道16,000円から片道15,000円への変更となり、往復で2,000円の値下げ。

今回発表された値下げ幅が片道1,000円に留まっているのは、航空燃料価格が下がったわけではなく、円高などを考慮しての改定条件を変更したことによる値下げ。

2011年4月から2012年3月まで発券分の改定条件では、ハワイ線は航空燃油(シンガポールケロシン)2ヶ月間の平均燃油価格が、1バレル当たり120米ドル以上130米ドル未満(ゾーンG)で片道16,000円となっていたが、2012年4月から2013年3月まで発券分の改定条件では同水準で片道15,000円へと変更になった。

同時に他の日本発着路線でも値下げとなっており、韓国行きが2,200円、中国・台湾・香港行きが6,000円、グアム・フィリピン・パラオ・ベトナム行きが7,000円、タイ・シンガポール・マレーシア行きが11,500円、インドネシア・インド行きが15,000円、北米・欧州・中東・オセアニア行きが23,500円へ変更する。いずれも日本で購入した場合の片道に適用される燃油代となる。

なお日本航空の燃油サーチャージは発券日ベースで適用される為、2012年3月までに購入・発券した航空券については、日本-ホノルル線で片道16,000円、往復32,000円となる。

参考:JAL – 国際線「燃油特別付加運賃」「航空保険特別料金」のご案内

タグ: , | 2012年2月17日

twitterこの記事をツイートする

ページの先頭へ