JAL、ハワイ路線を11月30日まで運休、11月も臨時便2往復

[最終更新日:2020年10月06日]

※この記事は公開されてから1年以上が経過しています。最新のニュースをご覧ください。

7/21最新:JALハワイ、10月は羽田・成田を毎日運航、関西・中部は週1往復

ハワイ島コナ空港
ハワイ島コナ空港

JAL(日本航空)は10月6日、新型コロナウイルス感染症の影響に伴う国際線の運航計画を更新した。

日本=ハワイ間では11月30日まで定期旅客便の全便運休を継続。対象は成田=ホノルル線、成田=ハワイ島コナ線、羽田=ホノルル線、中部=ホノルル線、関西=ホノルル線の5路線。

8月からは羽田=ホノルル線で、赴任や留学・一時帰国に対応する臨時便を運航中。8月に4往復を運航しており、9月と10月には関西行きを含む2往復を設定。

11月は2往復とも羽田=ホノルル間で臨時便を設定。羽田発を11月10日と23日、ホノルル発を11月11日と24日に運航する(羽田着は翌日)。航空券の販売は10月8日(木)10時を予定している(ハワイ時間7日15時)。

日本=ハワイ間でコードシェアするハワイアン航空では、10月から定期旅客便として成田=ホノルル線を週1往復で再開。その他の日本発着路線は11月末までの運休継続を決めている。

ハワイ州では10月15日から、出発前72時間以内の陰性結果で隔離を免除する事前検査プログラム(事前検査プログラム)を開始するが、開始時点では日本からの渡航は対象にならない見通し。

同プログラムとは別に、すべての到着者は “Safe Travels” への事前オンライン登録が必要。旅行情報を登録しておき、出発前24時間以内に健康情報を追加すると、到着空港でスキャンされるQRコードを取得できる。ホノルル空港で他の島に乗り継ぐ場合は、離島到着用のQRコードも別に取得しておく必要がある。

便名 出発時刻 到着時刻 運航日
JL8782 羽田 21:55 ホノルル 10:35 (10月は10:15、11月は10:00) 8/1、8/10、8/20、8/30、9/15、9/29、10/11,10/24、11/10、11/23
JL8781 ホノルル 12:35 (10月は12:10) 羽田 15:55(11月は16:50) 8/2、8/11、8/21、8/31、9/16、10/12、11/11、11/24
路線便名期間内容
羽田-ホノルルJL072/JL0712020年11月1日~30日運休
JL074/JL0732020年11月1日~30日運休
成田-ホノルルJL786/JL7852020年11月1日~30日運休
JL784/JL7832020年11月1日~30日運休
関西-ホノルルJL792/JL7912020年11月1日~30日運休
中部-ホノルルJL794/JL7932020年11月1日~30日運休
成田-コナJL770/JL7792020年11月1日~30日運休
成田-グアムJL941/JL9422020年11月1日~11月30日運休
JL943/JL9442020年11月1日~11月30日運休(開設延期)

プレスリリース:新型コロナウイルス感染症の影響に伴う国際線の対応について(Rev.18)

タグ: , , , , , , , | 2020年10月6日

twitterこの記事をツイートする

ページの先頭へ