JAL、ハワイ・グアム線の全便運休を7月31日まで延長

[最終更新日:2020年06月10日]

ハワイ島コナ空港
ハワイ島コナ空港

JAL(日本航空)は6月10日、新型コロナウイルス感染症の影響に伴う2020年度夏期ダイヤ期間における国際線の対応を更新。7月1日~7月31日までの運航便、運休・減便を発表した。

日本=ハワイ間では7月31日まで全便運休を継続する。対象は成田=ホノルル線、成田=ハワイ島コナ線、羽田=ホノルル線、中部=ホノルル線、関西=ホノルル線の5路線。

成田=グアム線も7月31日まで全便を運休。一部の便は9月の一部日程を除く10月24日まで運休する。

またオーストラリア直行便の羽田=シドニー線、成田=メルボルン線も7月31日まで全便運休する。

ハワイ・グアム、オセアニア方面では減便率100%となるが、北米や欧州、東南アジア方面では運航を再開する路線・便もあり若干の改善が見られる。

ハワイ州ではすべての到着者を対象に実施している14日間の自己隔離義務を6月30日まで延長することを決めているが、州知事では州外からの訪問者には7月以降も延長する方針を示している。

日本=グアム間ではJALやユナイテッド航空などが直行便を設定しているが、現在はユナイテッド航空が週3便のみ運航。グアムは7月1日から日本、台湾、韓国からの旅行者受け入れ再開を発表しているが、入国についての詳細はまだ明らかになっていない。また日本への帰国時には検査や自宅待機要請が実施されている。

10/6追記:JAL、ハワイ路線を11月30日まで運休、11月も臨時便2往復
9/10追記:JAL、ハワイ路線を10月31日まで運休、10月も臨時便2往復
8/6追記:JAL、ハワイ線の運休を9月30日まで延長、関西行き含む臨時便2往復
7/9追記:JALがハワイ線の運休を8月31日まで延長、臨時便4往復のみ運航

路線便名期間内容
羽田-ホノルルJL072/JL0712020年7月1日~31日運休
JL074/JL0732020年7月1日~31日運休
成田-ホノルルJL786/JL7852020年7月1日~31日運休
JL784/JL7832020年7月1日~31日運休
関西-ホノルルJL792/JL7912020年7月1日~31日運休
中部-ホノルルJL794/JL7932020年7月1日~31日運休
成田-コナJL770/JL7792020年7月1日~31日運休
成田-グアムJL941/JL9422020年7月1日~31日運休
JL943/JL9442020年7月1日~10月24日 ※9月19日、21~23日を除く運休

プレスリリース:新型コロナウイルス感染症の影響に伴う2020年度夏期ダイヤ期間における国際線の対応について(Rev.9)

タグ: , , | 2020年6月10日

twitterこの記事をツイートする

1/18更新:2021年GW・夏休みはハワイ旅行に行ける?海外旅行はいつ本格再開?

ページの先頭へ