ハイアット・プレイス・ワイキキにダイヤモンドヘッド・タワーがオープン

Hyatt Place

2011年12月にオープンしたハイアップ・プレイス・ワイキキ・ビーチに、新たにダイヤモンドヘッド・タワーがオープンした。

ハイアット・プレイス・ワイキキ・ビーチは、以前はオーシャン・リゾート・ホテル・ワイキキとして営業していた建物を全面改装した「ハイアット・プレイス」ブランドのホテルで、当初は全191部屋のパリ・タワーのみで開業していた。

今回、オープンしたダイアモンドヘッド・タワーは全235部屋となり、ホテルは合わせて全426部屋の大型ホテルとなった。ビジネス向けの立地がほとんどのハイアット・プレイスのなかでも、珍しくリゾート地のワイキキにある為、年間を通しての高い需要に応えたいとしている。

ハイアット・プレイス・ワイキキ・ビーチは、カピオラニ公園に近いロケーションで、クヒオ通り沿いに位置している。ワイキキ中心部ではないが、バス停が近いことやカピオラニ公園への散歩にも便利な為、ハワイに馴染みのあるリピーターには新たな選択肢として評判となっている。

関連記事:Second tower opens at Hyatt Place Waikiki – Pacific Business News

タグ: , , | 2012年4月17日

twitterこの記事をツイートする

ページの先頭へ