ワイキキにハイアット新ブランド、ハイアット・セントリック・ワイキキ・ビーチがまもなく開業

世界各地でホテルを展開するハイアット・ホテルズ・アンド・リゾーツは、ワイキキに2015年スタートの新ブランド「ハイアット・セントリック」のホテルをまもなく開業する。

2016年12月から2017年1月にかけてのオープンが予定されている「ハイアット・セントリック・ワイキキ・ビーチ」は、クヒオ通り沿いのワイキキ・トレード・センターを大規模リノベーションした全230室のライフスタイル・ブティック・ホテル。

カリフォルニアのサンタモニカを拠点とする Design360unlimited が手掛けるスタイリッシュなインテリアは、程よく都会的で、なおかつサーフスタイルのエッセンスも感じられる仕上がりとなっている。

ベッドタイプは、「スタンダードルーム」がキングサイズ1台またはクイーンサイズ1台、床から天井までの大きな窓ガラスで眺めの良い「ビュー」や「スイート」ではキングサイズ1台またはクイーンサイズ2台を用意。

ホテルロビーのある8階には、プールデッキやバー&レストランの「ザ・ラナイ」を併設。フィットネスセンターやビジネスセンターも利用できる。

スマートフォンなど使ったオンライン・チェックインやエクスプレス・チェックアウトも利用可能で、混雑時にもスムーズな入室が期待できる。

宿泊には1日25ドルのリゾートフィーが加算されるが、Wi-Fiや各種アメニティを提供。駐車場はセルフパーキングが1日32ドル、バレーパーキングが1日37ドルとワイキキのホテルの一般的な相場となっている。

ハイアット・セントリック・ワイキキ・ビーチでは2016年12月のオープンが伝えられているが、現時点では2017年1月1日以降の予約を受け付けている。開業に先駆けてインスタグラムの公式アカウントを開設している。

2016年11月現在、ワイキキにおけるハイアット・ブランドのホテルは、日本でもおなじみのハイアット・リージェンシー・ワイキキ・リゾート・アンド・スパのほか、2011年に開業したクヒオ通り沿いのハイアット・プレイス・ワイキキ・ビーチがある。

また日本では「ハイアット・セントリック・銀座東京」を計画しており、2018年の開業を目指している。

2016年11月21日

twitterこの記事をツイートする

ページの先頭へ