JALホノルルマラソン、ミズノ製のオリジナルTシャツやフェイスガードを数量限定販売

[最終更新日:2020年07月16日]

※この記事は公開されてから半年以上が経過しています。最新のニュースをご覧ください。

ホノルルマラソン日本事務局は、7月16日から公式オンラインショップでオリジナルグッズを数量限定で販売する。

JALホノルルマラソン2020に協賛する総合スポーツメーカー、ミズノ製のトレーニングTシャツやマルチフェイスガードをラインナップ。

トレーニングTシャツ
トレーニングTシャツ

JALホノルルマラソン2020 オフィシャルトレーニングTシャツ(ミズノ製)は、メンズとウィメンズそれぞれ4種類を用意。サイズはメンズがS~XL、ウィメンズがS~Lで、価格は¥3,960(税込)。

JALホノルルマラソン オリジナルマルチフェイスガード(ミズノ製)は、ピンクとブルーの2色を用意。ピンクはモンステラやプルメリアの柄を配置、ブルーはポリネシア風の柄が特徴的。価格は¥2,640(税込)。

マルチフェイスガード
マルチフェイスガード

顔に着用すれば飛沫防止エチケットとなるほか、ヘッドバンド、ヘアタイ、キャップ、リストバンド、ネックウォーマーとしても利用できる。

公式オンラインショップでの購入には、クレジットカード、コンビニ払い、銀行振込が選択できる。

ホノルルマラソンは、毎年12月の第2日曜日にハワイ州オアフ島で開催。48回目となる2020年は12月13日(日)に開催が予定されている。

日本からも毎回、多くのランナーが参加しているが、2020年は定員を設定。日本受付はフルマラソンで10,000名、10K ラン&ウォークで3,000名、カラカウアメリーマイルで1,500名が参加できる。

2020年のエントリー開始は、新型コロナウイルス感染症の状況や世情をふまえて、8月上旬以降で日程を調整しているという。大会公式LINEアカウントでは最新情報を随時配信する。

公式ショップ:ホノルルマラソン公式グッズショップ

タグ: , | 2020年7月16日

twitterこの記事をツイートする

1/18更新:2021年GW・夏休みはハワイ旅行に行ける?海外旅行はいつ本格再開?

ページの先頭へ