ハワイ州ホノルル市、飲食店にテイクアウト限定を指示、3月20日(金)から15日間

[最終更新日:2020年03月19日]

※この記事は公開されてから1年以上が経過しています。最新のニュースをご覧ください。

ホノルル・ハレ(市庁舎)
ホノルル・ハレ(市庁舎)

オアフ島を管轄するホノルル市のカーク・コールドウェル市長は3月18日(水)、市内の飲食店に対して店内での飲食提供を取り止めるよう指示する考えを表明した。

2020年3月20日(金)午後8時50分から15日間が対象で、レストランやカフェなどの飲食店は、テイクアウト(to go)またはドライブスルー、デリバリーのみの営業に限定される。

【追記】開始時間については、市長のTwitterでは午前8時30分からとしています

ハワイ州では3月17日に、デービッド・イゲ州知事が、バーやクラブの営業中止やレストランの営業中止またはテイクアウト、デリバリー、ドライブスルーのみで営業するよう要請していたが、ホノルル市ではより強い権限を発動することになる。

また市では、市立公園や市営ゴルフコース、ホノルル動物園、植物園についても一時休業することを発表。ワイキキに隣接するアラワイゴルフ場などの市営ゴルフ場は4月40日まで休業となる。

ホノルル市は、日本からのハワイ旅行客のほとんどが訪れるオアフ島の中心都市。ホノルル市郡が管轄するオアフ島には、ホテルが集中するワイキキ、観光で人気のアラモアナ、カハラ、カイルア、ハレイワ、ノースショア、ディズニーアウラニのあるコオリナ・リゾート、ホノルル空港なども含まれる。

ホテルのレストランやバーなど旅行者への影響が大きい飲食店での対応が注目される。

同様の制限は、すでに3月17日(火)からニューヨーク市が実施しており、飲食店ではテイクアウトやデリバリーのみとなっている。

参考:
Mayor Kirk Caldwell | Facebook
Honolulu Department of Emergency Management

» 【随時更新】ハワイの新型コロナウイルス情報まとめ、臨時休業や営業時間短縮リスト

タグ: , , , | 2020年3月19日

twitterこの記事をツイートする

1/18更新:2021年GW・夏休みはハワイ旅行に行ける?海外旅行はいつ本格再開?

ページの先頭へ