2020年のホノルル・シティ・ライツは縮小開催、車内鑑賞やオンラインで実施

[最終更新日:2020年08月28日]

※この記事は公開されてから半年以上が経過しています。最新のニュースをご覧ください。

ホノルル・ハレ
ホノルル・ハレ

毎年12月にオアフ島ホノルルで開催されるクリスマス・イルミネーション「ホノルル・シティ・ライツ」が、2020年は規模を縮小して開催する。

例年なら12月上旬に点灯式やパレードなど各種イベントを実施。年明けまでホノルル市庁舎(ホノルル・ハレ)とその周辺で夜間にイルミネーションが楽しめるが、2020年は新型コロナウイルス感染症の影響で内容が変更される。

中止となるのは、クリスマスツリーの点灯式やホリデーコンサート、エレクトリック・ライト・パレード、出店、展示、サンタとの記念撮影など。またホノルル市庁舎内のクリスマス展示、花輪展示も中止となる。

感染症対策としてソーシャルディスタンスを考慮した代替イベントが検討されており、ホノルル・ハレやキングストリートでは車内からのドライブバイによる鑑賞、またオンラインによるイベントも予定。

通常なら一緒に記念撮影ができるサンタとは、オンラインで会える機会を用意。花輪展示もオンラインでのシェア、鑑賞できる仕組みを提供する。

ハワイでも12月には各所でクリスマス飾りが見られる。例年は日本からもホノルルマラソン前後や年末年始には多くの旅行者が訪れ、ホテルやショッピングセンターなどでクリスマス・イルミネーションを楽しんでいる。ホノルル・シティ・ライツにもワイキキトロリーの臨時運行や現地オプショナルツアーで訪れることができる。

2020年12月はまだハワイ旅行は難しいと予想されるが、日本からもオンラインでハワイのクリスマス・イルミネーションを楽しめるかもしれない。

公式ページ:Honolulu City Lights

2020年8月28日

twitterこの記事をツイートする

1/18更新:2021年GW・夏休みはハワイ旅行に行ける?海外旅行はいつ本格再開?

ページの先頭へ