ホノルル空港が忘れ物でオークション開催、所有者には申告制度も

[最終更新日:2010年10月29日]

※この記事は公開されてから1年以上が経過しています。最新のニュースをご覧ください。

ハワイの空の玄関口、ホノルル国際空港が空港で見つかった忘れ物や落し物をオンラインオークションで出品することが分かった。オークションは専用サイトで2010年11月1日より開催される。

落札者はクレジットカードで支払い、後日、空港で受け取ることが出来る。オークション開催中は持ち物の所有者、つまり落し物、忘れ物をした本人が申告すれば、引き取ることができるよう配慮するとしている。所有者であることが確認できれば、忘れ物を回収できる仕組みだ。

出品される忘れ物には、ノートパソコン、デジカメ、ジュエリー、お土産をはじめ、ナイフや自転車といった空港の落し物とは思えないものまで揃っている。

ホノルル空港で何が忘れてきた覚えがある方は、期間中チェックしてみてはいかがだろうか。ただし引き取りは現地空港のみとなる。

関連記事: Honolulu International Airport to auction lost-and-found items online | Pacific Business News

タグ: | 2010年10月29日

twitterこの記事をツイートする

1/18更新:2021年GW・夏休みはハワイ旅行に行ける?海外旅行はいつ本格再開?

ページの先頭へ