ヒルトン・ワイコロア・ビレッジ、自己隔離開始の3月26日からの対応内容を発表

[最終更新日:2020年03月22日]

※この記事は公開されてから1年以上が経過しています。最新のニュースをご覧ください。

ヒルトン・ワイコロア・ビレッジ
ヒルトン・ワイコロア・ビレッジ

ハワイ島ワイコロア・ビーチ・リゾートに立地するヒルトン・ワイコロア・ビレッジ(Hilton Waikoloa Village)は、ハワイ州で自己隔離措置が実施される2020年3月26日(木)からの対応内容を告知した。

ホテルの客室は、旅行者の自己隔離場所に指定される場合がほとんどと想定されるため、各ホテルでは対応を検討しており、ハワイ最大級の敷地面積を誇るヒルトン・ワイコロア・ビレッジではいち早く対応内容をまとめている。

レストランは、店内座席での飲食サービスが中止され、支払いはルームチャージに限定する。リゾート内では「ヌイ・イタリアン(Nui Italian)」のみが営業を継続し、店頭でのピックアップ(テイクアウト)のみ対応。電話注文はできず、大人1人が店頭に注文内容を置くかたちをとる。

毎日のハウスキーピングは3月23日(月)から中止される。交換が必要なタオル、石鹸類は、電話での手配を受け付ける。

リゾート内のアクティビティでは、一部のプールは継続するとしているが、自己隔離の対象となる旅行者は利用できないものと想定される。コハラ・スパ、フィットネスセンター、カルチャー教室、教会サービス、星空観察は中止される。

またイルカに親しめるドルフィン・クエストや一部のショップは営業を継続するが、臨時休業となる店舗もある。

広大な敷地を有するヒルトン・ワイコロア・ビレッジ内の移動では、ボートの運行を中止するが、トラムは運行を継続。スピードシャトルとレンタカーのデスクは休業となるが、レンタカーの配車には対応する。

駐車場では、セルフパーキングは通常通り利用可能。ただしスタッフが車両の駐車・用意を行うバレーパーキングは中止となる。

またワイコロア・ビーチ・リゾート内を周回するショッピング・トロリーは3月23日(月)から運行を取り止める。 ヒルトン近くに位置する2つのショッピングセンター、キングス・ショップクイーンズ・マーケットプレイスは一部店舗が営業を継続しており、食品や弁当などを購入することができる。

ヒルトン・ワイコロア・ビレッジは、ハワイ島西岸に位置する大型リゾートで、日本からのハワイ島旅行では定番ホテルのひとつ。ホテル内に大型ラグーンや多くのレストラン、ショップがあり、リゾート内だけの滞在でも楽しめると人気がある。コナ空港からは車で約30分の距離。

日本からハワイ島へは、JALが成田=コナ線を毎日運航、ハワイアン航空が羽田=コナ線を週3往復で運航しているが、新型コロナウイルスの影響でJALは3月29日から減便ハワイアン航空は3月29日から運休を予定している。

公式ページ:Adjustments have been made to hotel operations due to COVID-19

» 【随時更新】ハワイの新型コロナウイルス情報まとめ、臨時休業や営業時間短縮リスト

タグ: , , | 2020年3月22日

twitterこの記事をツイートする

1/18更新:2021年GW・夏休みはハワイ旅行に行ける?海外旅行はいつ本格再開?

ページの先頭へ