ヒルトン・ハワイアン・ビレッジ、金曜夜の花火が夏時間に、8月まで20時スタート

[最終更新日:2018年06月05日]

ワイキキ最大級のリゾートホテル、ヒルトン・ハワイアン・ビレッジ・ワイキキ・ビーチ・リゾートは、毎週金曜日に打ち上げている花火を夏時間に変更した。

6月から8月までは毎週金曜日の夜8時からとなり、9月~翌5月までの夜7時45分よりも15分スタートが遅くなる。

ラグーンからみる花火
ラグーンからみる花火

約5分つづく花火は、ヒルトン・ハワイアン・ビレッジ前のビーチで打ち上げられる。リゾート内ではビーチ沿いのレストラン、レインボータワーやザ・アリイのオーシャンフロントは目の前に花火が見られるの人気スポット。

またワイキキのビーチ一帯、周辺のホテルでも観られる客室やレストランがある。

大雨や強風、高潮などの影響で中止になることもあるが、ほぼ毎週実施されているので、金曜日にワイキキ滞在があればぜひ予定を確認しておこう。

関連ページ:ハワイ・ワイキキで金曜夜の花火が見られるおすすめの場所&時間

タグ: , , | 2018年6月5日

twitterこの記事をツイートする

ページの先頭へ