ハーツレンタカー、ハワイ島サドルロードとマウナケア途中までを走行可能に

ホノルル空港で出発を待つJAL機

大手レンタカー会社のハーツレンタカー(Hertz)が、これまで走行を禁止していたハワイ島のサドルロードを、レンタカーでも走行可能にサービス内容を変更した。

サドルロードはハワイ島西側のワイメアと北東岸のヒロを内陸で結ぶ道路で、以前は路面の状態が悪く、また途中に町やガソリンスタンドがないことなどから、ハーツレンタカーでも走行を禁止していた。

近年、道路の舗装工事が完了していたことから、レンタカーでの走行にも問題ないとして、大手レンタカー会社でも走行を解禁する動きが出てきたようだ。

またハーツでは、サドルロードから分岐するマウナケア山頂へのマウナケア・アクセス・ロードの走行も、途中のオニズカ・ビジターセンターまで可能になった。引き続き、オニズカ・ビジターセンターから山頂までは、路面が非常に悪く走行を禁止する。

ハワイ島ではワイピオ渓谷サウスポイントも走行禁止エリアに指定されている場合があり、レンタカーでアクセスしたい場合には、事前に確認しておきたい。

タグ: , , , | 2013年10月21日

twitterこの記事をツイートする

ページの先頭へ