ハワイアン航空、燃油サーチャージ値上げ、2012年6月発券分から

ハワイアン航空A330

ハワイアン航空は2012年6月1日発券分より、日本発着路線の燃油サーチャージを値上げする。

日本‐ハワイ路線は、現行の片道15,000円から16,500円への値上げとなり、往復で3,000円の値上げ幅。

ハワイで購入する場合は、ドル建てとなり、現行の片道189ドルから208ドルへ値上げされる。

またホノルル経由でのアメリカ本土行きは、現行の片道23,500円から26,000円へと値上げする。

日本‐ハワイ路線の燃油代については、2012年6月1日発券分(購入分)からJAL、ANA、デルタ航空も片道16,500円へと値上げすることを決めているが、チャイナエアラインのみ片道13,500円としており最も低く設定している。

ハワイアン航空は羽田・関空・福岡からホノルル行き直行便を運航している。また2012年11月から札幌に就航することも明らかにしている。

方面 5月31日発券分まで 6月1日発券分から
日本‐ハワイ 15,000円 16,500円
日本‐アメリカ本土 23,500円 26,000円

※ハワイアン航空の燃油サーチャージは発券日ベースでの適用です。出発日ではなく購入日を基準に適用されます。

タグ: , | 2012年5月14日

twitterこの記事をツイートする

ページの先頭へ